ムダ毛処理について

お腹に生えているムダ毛を気にしている方はいらっしゃいますか。
その際に自己処理をされている場合が多いかと思います。

 

特に毛抜きを使用している場合は、間違った使い方をしている場合が多いので、正しい使い方についてご紹介します。
まず毛抜きを使用する際には毛を少し伸ばしておくことがポイントです。

 

またあらかじめ温かいタオルなので施術箇所を温めておくと毛が抜けやすくなるのでおすすめです。
実際に抜く際には1本ずつ抜いてください。複数本まとめて抜くと毛穴を傷つけてしまいます。

 

また、毛の流れに沿って抜くようにするとダメージが少ないです。
処理が終わった後には冷たいタオルなどでしっかりと冷やして毛穴を締めて細菌が入らないようにしましょう。

 

毛抜きでの処理が危険な理由と正しい方法

 

夏場など水着シーズンになるとお腹の毛が気になったりします。
ですがこの産毛の事故処理は、大きな肌トラブルにつながる可能性があります。
その理由の一つとしてその部分の皮膚は薄く、敏感にできているので、毛抜きで処理をすると炎症が起きやすく、毛穴のトラブルになります。
痛くなったり、痒くならないためにも正しい方法で処理をします。

 

毛抜きの正しい使い方は、根本に近い部分をしっかりはさみ、生えてる方向に引き抜きます。
この時毛穴周辺の皮膚を軽く押さえることで、毛が抜けやすくなります。

 

毛の流れと反対に引っ張ったりしてしまうと、途中で切れる可能でがあります。
毛抜きを使用た時などは、必ず冷やすなどしてアフターケアをすることが大切です。

 

ひげの処理方法について

 

のひげの処理についてみなさんはどのようにしていますか。
自己処理にも多くの種類がありますが、毛抜きを使用している方は多くの方が間違った方法をしていることが多いです。
そのため正しい使い方を知ることが大切です。

 

毛抜きを使用する際には毛の長さが1〜2ミリほど伸ばすことが大切です。長すぎてしまうと途中で切れてしまうことがあるので、ある程度の長さが必要です。
そして毛の流れに逆らわず、毛の流れに忠実に抜くことが大切です。逆らってしまうとこちらも途中で切れてしまい、最悪の場合埋もれ毛になることがあります。
ですから毛抜きに使用には正しい知識が必要です。

 

毛抜きでひげを抜くメリットとデメリットについて

 

ひげの脱毛処理で最も手軽なのが、毛抜きを使用した脱毛です。
抜いた時はきれいに処理されるというメリットがある一方、永久脱毛の効果はないため、再び生えてくるだけでなく、毛穴のくすみや、抜ける時に毛穴が受けるダメージによる埋没毛の発生の危険性など、デメリットの方が大きいと言えます。

 

毛抜きの使い方としては、毛穴から出ている部分をつまんで引っ張って抜くというのが一般的ですが、無理に抜こうとすると、毛穴に対してダメージを与えてしまうため、カミソリによる剃り残しで飛び出てしまっている毛に対してのみ使用した方がよいでしょう。